沿革

印刷する
1946年11月 愛知県知多郡大野町(現・常滑市)において知多鋼業所を創業
1956年3月 名古屋市西区において、知多鋼業所を継承して知多鋼業株式会社を設立
線ばね、薄板ばね、ボルト、ナット、自動車金具の製造販売を開始
1960年10月 愛知県海部郡甚目寺町(現・あま市)に名古屋工場(後に本社工場と改称)を開設
各種薄板ばね、プレス製品の製造を拡大(2007年1月、各務原西工場に移管)
1967年2月 愛知県春日井市前並町に春日井工場を開設
各種線ばね、パイプ成形加工品及び切削加工品などの製造を行う
1969年8月 本社を愛知県海部郡甚目寺町(現・あま市)に移転
1973年5月 愛知県海部郡飛島村に知多ゴム工業株式会社を設立(現・連結子会社)
1978年8月 名古屋市中区に知多鋼材株式会社を設立(後に中村区に移転)(現・連結子会社)
1981年5月 タイ王国、サイアムオートパーツ社に技術提供開始
1981年10月 名古屋証券取引所市場第二部に上場
1982年8月 春日井市神屋町に神屋工場を開設。精密小物ばねの増産を開始
1987年3月 神屋工場に第二工場を増設。パイプ成形加工品の増産を開始
1991年7月 愛知県海部郡甚目寺町(現・あま市)に本社事務所を新設
1992年4月 本社工場にバレル研磨工場を増設
1993年11月 神屋工場に第三工場を増設。中物ばねの増産を開始
医療用具の製造許可を取得
1994年3月 石川県小松市に小松営業所を開設
1994年9月 春日井工場に製品倉庫を増設
1996年2月 タイ王国において合弁会社Siam Chita Co.,Ltd.を設立
1996年9月 TPM優秀賞第一類を受賞
1999年5月 岐阜県各務原市各務東町に各務原工場(現・各務原東工場)を開設
線ばねの増産を開始
1999年6月 春日井工場線ばね部門で「ISO9001」の認証取得
2000年6月 本社工場、各務原工場(現・各務原東工場)で「ISO9001」の拡大認証取得
2001年6月 神屋工場線ばね部門で「ISO9001」の拡大認証取得
2001年8月 各務原工場(現・各務原東工場)に第二工場を増設。薄板ばねの増産と防振ゴムの製造を開始
2002年5月 「ISO14001」の認証取得
2003年5月 米国ケンタッキー州において子会社US Chita Co.,Ltd.を設立(現・連結子会社)
2003年6月 春日井工場パイプ部門、各務原工場(現・各務原東工場)第二工場で「ISO9001」の拡大認証取得
2004年6月 知多ゴム工業株式会社で「ISO9001」の拡大認証取得
2007年1月 岐阜県各務原市各務東町に各務原西工場を開設
(本社工場及び春日井工場のパイプ部門を移管)
2008年8月 インドネシア共和国において子会社PT.CHITA INDONESIAを設立(現・連結子会社)
2009年2月 本社を愛知県春日井市に移転
2013年1月 チェコ共和国において合弁会社KYB CHITA Manufacturing Europe s.r.o を設立
2015年4月 中華人民共和国において子会社 知多弾簧工業(鎮江)有限公司を設立(現・連結子会社)
ページの先頭に戻る